特撮大好きりんくすのにっき

りんくすが特撮とか、遊戯王やらポケモン、そのほか色々趣味について書くブログ

劇場版マジェスティックプリンスを見てきたという話

マジェプリはいいぞ。

 

と言うわけで、TVシリーズから早3年…待ちに待った新作。いやほんともう最高だった。

劇場版だしイズルは目覚めないしシリアスになるかとちょっと思ってたけど、まるでそんなことはなく本当にいつものマジェプリだった。

冒頭TVシリーズ最終決戦からのイズル搬送で少ししんみりかと思ったら、それが続くこともなくいつものノリになった辺りでこっちも肩の力が抜けた。劇場版だからと肩肘はらずにいつも通りやりますよってのをそこで察しました。

つってもやはり3年の時が経っているだけあって戦闘CGはTVシリーズから進歩していました。TVシリーズから凄いと思ってたけど、それ以上にぬるぬる動いてた。

 

そんで内容の話。ネタバレあるかもだから注意ね。

TVシリーズでパトリック先輩なんで男なんだろうなー。って思ったのは僕だけじゃないと思うんだ。女だったらなー絶対可愛いよなー。そんな風に思ったのは僕だけじゃないはず……でもまさかマジで女体化して出てくるとは思わんかったよね。(正確には双子の姉)パトリシアさんに胸揉まれてるタマキちゃんの顔見るに彼女相当ヤリ手だと思います。

 

あとはイズルを治療室に搬送してる時、ラビッツメンバーが追っかけてくところはまあわかると言うか予想の範疇だったんだけど、ピットクルー全員が追っかけてくのは流石に駄目だったw大所帯すぎる。

シモン司令も親ばか全開でかわいい。

 

イズル復活はもうちょい引っ張るのかと思ったら最終決戦の出撃前に目覚めて「え、ここで目覚めちゃうんだ?」ってなった。もう後遺症とかもなしに元気そうで、TVシリーズの意味深な終わり方は何だったんだレベル。(まあそれでも病み上がりなりに不調ではあったけど)でも、マジェプリだもんなと納得できる。

食べてって言われて置いてかれたケイキ(砂糖100%)を食べるイズルはいい子。

 

今回の敵のディオルナ。この人全編通して話す言語がウルガル語。

字幕表示はあったけど追うのが得意じゃないのでちょっと不親切だなー。と思ったけど通訳する最中ディオルナがあまりにも汚い言葉使いまくるもんで恥ずかしくて途中で止めちゃうテオーリアさんみて「こういう事か……!」と納得。

顔赤くするテオーリアさんいいゾ^~。

あとは言葉汚い者同士のブラックアンジュとディオルナの会話(?)は良かった。(お互い罵詈雑言浴びせてただけとも言える。)

 

ディオルナ対ラビッツはラビッツメンバー一人一人に活躍があって実に良かった。スルガはかっこよすぎて「大丈夫?フラグじゃない?」と思ったほど。

新機体のレッドファイブ+とホワイトゼロが掻っ攫って行くかと思えばそんな事はなく、チームラビッツ全員で勝利を収めると言う感じがとてもいい。

TVシリーズのイズルとレッドファイブの一強と言うか、ジアートに対抗できるのもイズルしか居ないし頼るしかなかったみたいな所に切り込んだ感じだった。

病み上がりの不調な状態なのに、単独でディオルナとそこそこ戦えてたイズルはやっぱり他のみんなに比べて頭一つ抜けてる。けどやっぱり不調だから結局追い詰められて本当にヤバイって時に「おにいちゃん…!」ってアサギへ助けを求めたところはすごくグッと来た。

イズルは凄いやつだけどやっぱり一人の男の子なんだよなって。無茶をしても平気なんてことはなく怪我もする。だからイズル一人に抱え込ませるんじゃなくて、イズルが頼りにできる人が必要だったんだなあって。それがおにいちゃんのアサギ。で、リーダー任されて胃が痛いアサギをラビッツのみんなが支える。いいバランスだ。

そのピンチをホワイトゼロで助けてアサギカッコイイ!になった後に出力うまく調整出来なくて転ぶ辺りやはりアサギ。このどっか抜けてる感じがマジェプリだなあとほんのりしました。

ホワイトゼロの操縦アドバイス、みんなが一度に言ってくるとか関係無しに一人一人の聞いててもわからんかったと思うw

 

ケイはヒロインパワーをTVシリーズからかなり高めてきてた。きっとイズルが目覚めたのもケイのヒロイン力(ケイキ)の強い刺激のおかげでしょう。

みんなに教えてもらったお陰でお菓子作り上手くなったとは言うが…ケイさん、砂糖純度を上げたら意味ないです…お姉さん達が風評被害を受けかねないから止めて差し上げろ。

 

戦いの後の会話はザンネンさに溢れていて実にらしくてよかった。

そしてエンディング後にまさかのドラマCD。内容は「ええ、これで終わりなの…(困惑)」となる映画の余韻にあまり浸らせてくれないザンネンさ。だがこれでいい。だってマジェプリだもの。

 

と、ここまで良かったよかったと褒めまくったものの不満な点が一つ。チームフォーンの活躍がイマイチだったこと。

25話まるまる1話使って可愛い奴らだなーと魅力的で愛着持てる描き方をされて、期待もしていただけにいいところがあまりないのは残念だった。(ザンネンではなく)

主役はあくまでチームラビッツだから仕方ないのかなあとは思うものの、雑魚狩りだけじゃなくもう一人くらいボスを出してフォーンというかフォックスで倒してくれても良かったんじゃないかという願望。でもラビッツとのバランスが大変か。うーん…

 

とまあ不満はなかったわけではないけどそれでも『ずっと見たかったマジェプリの続き』を色んな意味でクリアしたものを見せてもらえて満足な作品でした!本当に面白かった!

活躍が今一つだったチームフォーンはアニメ第二期でメイン張る事に備えての可能性がワンチャンある…?これは期待するしかありませんね。東宝さん待ってます。

 

以上!思ったこと適当に書き出してみました!それではノシ

 

 

 

 

 

 

 

ps.アニメ二期があってもやっぱりチームラビッツが主役のままがいいなあと思うのでした。

あとパトリシア×タマキ、クルと思います。