特撮大好きりんくすのにっき

りんくすが特撮とか、遊戯王やらポケモン、そのほか色々趣味について書くブログ

劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディングの感想的な【一応ネタバレ注意】

なんとかかんとか公開日に観れました。

今回は多分あっさりめの感想。

と言うかね、トゥルーエンディングってタイトルだからと言って終わりみたいな終わり方じゃねえ! 見た後「え、終わった? 終わった……のか? んん??」みたいな感じなった。

 

以下感想羅列

 

・ゲムデウスがなんというか真っ当にボスしてて、何と言うかエグゼイドの今までのボスの面々が濃すぎた所為で普通。本当に普通すぎて拍子抜けと言うか……いや、他が濃すぎただけか。

 

・なんでニンジャ? と思ってたけど理由が完全にジョニー・マキシマの「私の趣味だ、いいだろう?」だったもんだから笑った。葱ってそういう事かよ! ちなみにこの映画、一番最後に撮られたのが葱だそうです。

 

・みんな大好き社長がいつも通り社長。いや、檀黎斗神だった。

VRXは「みんなを救う」とか言ってて、永夢も「黎斗さん凄い」ってなってたけど直後に「不正なガシャットは許さない!」が作成の原動力みたいなもんなのでやっぱり社長。そしてチベスナ顔になる永夢。

永夢を助けたりしたけど作ったVRXに触れさせるものか!って理由なのが流石の社長。

でもゲムデウスを身を張って抑えたりとかかっこ良かったぜ社長。なんだかんだ多少は改心してるんじゃなかろうか。

エンディングで「檀黎斗神だ!」って言いかけてゲーム画面閉じられるのは笑った。

 

・なんか運動着にランドセル姿のニコとかなんかアカン感じがします! もの凄くアカン気がします! そしてそんなニコちゃんとイチャつく教師大我さんはもっとアカンと思います。

でも一人何も言わずにゲムデウスと戦いに行こうとする大我を見て、察するニコちゃん、流石の嫁だと思いました。結婚しろ。

 

・今回のゲストキャラが小児癌という重い病気を患っているので、もうここはやっぱり飛彩先生の出番だろと思ってたけど、仮想現実で思いっきり親バカパパやってて笑った。「思い出のワンシーンを切り取る」じゃないがwしかし、ポッピーに邪魔されて撮影できなくて流石に可愛そうと思った。

まあこういう所で患者との関わりを持ったお陰で手術シーンがより盛り上がったと思う。

ていうかタドルレガシー、お前HP回復能力とかあったのか……マジか。

 

・貴利矢さんは中々地味に活躍してた。敵の事情探ったり、一人でゲムデウスと戦おうとする大我さんの所に付いて行ったりと……なんかお前バグスターの体有効活用してんな!

あと久々のレベル2、すごくいい活躍してた。貴利矢さんお前ほんといいとこ持ってくな!

 

・パラドは美味しい所もらえたというのだろうか。いや、まさかビルドのデビュー戦の相手になるとは思わなかった。というかなんかビルドってパラドクスに似てね? とか俳優陣にやたら弄られてたのそういう事だったのか! 今分かった!

というかマイティブラザーズ片方がフォームチェンジするともう片方も強制的に変わるのか。

 

・永夢に関しては普段通りって感じなので(いい意味でね)特別いう事もないんですが、まさかVRXガシャットは諏訪部ボイスの方だとは思っとらんかったから映画館でビックリしたわ。

ゴースト映画から続くテレビ版最強フォーム大活躍な流れはいいですねえ! 本当にいいぞ! ムテキゲーマーマジでかっこよかった。

最後に一話みたく子供たちの前でゲームをクリアしてその後転ぶ流れは、日常に戻ったんだなあって感じがしてすごく良かった。まあ戦いは続いてるけどね。

 

・恒例の新ライダーお披露目で出てきたビルド。EDのLife is Beautifulが凄くいいタイミングでかかり始めて、そして爽やかな感じで〆たので「終わったな……」って思ったら最後の最後に出てきてビックリだった。綺麗に終わらせるんじゃねえのかよ!

なんだなんだこの不穏な感じはおおん? って気になる終わり方されてビックリ続きだよ! 冬映画でエグゼイドフォームになる布石整えやがったな!

 

と言う感じでかなり楽しんできました。また見たいと思う。

簡単ですが感想は以上です。ライダーあるある始まってしまう……

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の感想 【ネタバレ注意】

遅ればせながら見てきたのでちょこっと感想書こうと思いました。

前の記事が結構批判的な内容だったのでトップ更新したかったってのもあります。

 

映画は面白かったと思います。マギアナも面白かったと思ったけど、今年はもっと面白かったと思う。(ボジョレ

と言うかもう僕的には見どころ満載で満足でしたよ。(詳細はこの記事の最後の方で)

続きを読む

ハリウッド映画『パワーレンジャー』を見て思ったこと ネタバレ注意

実はパワーレンジャーは公開から間もなく観に行ってたのですが、まあなんか時間が経っていろんな所で感想見て自分なりにこの映画に対して何を思ったのかが固まったので、書いてみようと思った次第。

楽しい、面白い! そう思った時は率直にその感想を思ったままに書くので、こういう時はあまり評価がよろしくないという事です。

面白かった! と言う感想読みたい方は、残念ながらこの記事殆どそういう成分ないです。ブラウザバック推奨。

あとまあ感想ブログなんてネタバレありきだと思うので、読みに来た方は覚悟の上かと思いますが一応ネタバレ注意で。

 

※あくまで個人の感想です。

 

続きを読む

スペーススクワッド・ガールズイントラブル感想【一応ネタバレ注意】

見てきてその勢いでざっくり感想。たぶんネタバレそんなにないけど一応注意で。

結論から言うとスペーススクワッド滅茶苦茶良かった。感想はその勢い。

 

正直言って最初は「デカレンギャバンのコラボか。まあ、見たかった奴だよね」くらいにしか思ってなかった。そんなに興味が無かったとも言う。アマゾンプライムで見られるようになったら見るかぐらいの勢い。

ただアマゾンプライムでデカレンジャー10yearsafterを見てからデカレン熱が燃え上がり、そこからギャバンTHEMOVIE、シャリバンシャイダーNEXTGENERATION見てってどんどん期待値高まって、宮城一つしか上映してる所ないけど見に行くぜ!ってなった次第。

この日のためにパワーレンジャーSPD見て予習もしてきた。(これはたぶん違う)

 

まずガールズイントラブルから。

エピソードZEROと言う事で先に見ておかねばなるまいと思ったので、メインがスペーススクワッドだったのでぶっちゃけそこまで興味なかったけど、実際見てみたら「ああ、これ完全に坂本監督の趣味で撮ったでしょ」ってなってそういう意味で面白かった。

出てくるのはデカレンジャーから、ウメコジャスミン宇宙刑事は新世代の方のヒロインのシェリー・シシー・タミー。あと鎧武から湊さん。

このメンバーから分かるように変身した姿は殆ど出ない。出るの最後でデカレンの二人くらい。敵が湊さんに変身してるけど湊さんは変身しない。

そして監督が坂本監督なので、分かる人には分かるであろうとにかく太もも、オイル、太ももな作品だった。このエロ監督めありがとうございます。

ただ上にも書いたけど変身後の姿が殆ど出ないので、坂本監督のそういう所が好きな人向け感が凄い。

変身したヒーローの大活躍見たい人や、坂本監督のそんな所が苦手な人には合わないと思うます。でもスペーススクワッドZEROのタイトルだけあって、スペーススクワッド見るにあたってガッツリ大事な部分があるので、見た方がスペーススクワッド面白くなると思うんです。ズルいよね。オーノーノー。

 

そして本命スペーススクワッド。

いやもう本当に良かった。良かった以外の感想が出ない。出る。

アクションとストーリーはいい塩梅だったと思います。適度に生身アクション。変身後は大活躍。

最初に思ったのはデカレンメンバー老けねえ…あなた方十数年経ってるんですよ?と突っ込みたいレベル。もう当時のイメージのまんま過ぎてすげえ。

あとデカレンジャーのオープニングはひたすらにかっこよくて熱いです。

ギャバン(初代)はゴーカイVSとかTHEMOVIEくらいしか見てないんだけど、デカレンメンバーとは逆に烈さんがお年もお年という事で老けてるっちゃ老けてるんだけど、いい具合に年を重ねているので凄いかっこいい。本家ギャバンダイナミック!のセリフが凄いかっこよかった。

撃さんはTHEMOVIEからNEXTGENERATIONでキャラが立ったお陰で、暑苦しい奴なんだなと言う印象を持てた。戦隊で言う所のレッド風のキャラなので、デカレンメンバーとの相性は良かったように思う。バンはファイヤースクワッドで居ないし、そこを上手く埋めた感じ。そういう組み合わさり方があるのねと感心しました。

あと、マッドギャランは原作見てないので原作と比べてどうとか言えないけど、マッドギャラン自体はかっこいいと思いました。変身してた奴は社長でやべーやつだった。東映は社長をやべーやつにしないと気が済まないのか。

ゲンマクー?はライダーで言う所の財団Xみたいな感じかな。決着はちゃんとやってほしい。

あと終わり方見る感じスペーススクワッドシリーズ化する気満々だぜこれは。これは応援しなければいけない奴ですよ。なんかメタルヒーロー色々と、メガレンジャーとかギンガマンとかもスペーススクワッド候補みたいですよ! 個人的にはギャバンが客演したのでゴーバスターズなんかも参加してくれるとすごく嬉しい。

あと、なんかBDが7/19発売らしいですよ。(ダイマ)

 

ただ、まあ悪い所がなかったかと言えばそうでもなく。

個人的にはやはりコラボなのでコラボした者同士共闘シーンが欲しいのだけど、今回ギャバンギャバンデカレンジャーデカレンジャーでそれぞれの戦いになってしまっていたのが残念だった。

あとはギャバンマッドギャランに負けた時にレーザーブレードを「古い」だの「安い魂」だの言われて、それに対して一矢報いるというか、そういうのが欲しかった。まあ烈から新しいレーザーブレード受け継いだからって言うのがそれなんだろうけど…それだと、結局新しいもので勝った感をどうしても感じてしまうというか。

結局元々持っていたレーザーブレードは「古い」「安い魂」と言われっぱなしのままみたいな感じでちょっともやもや。

新しいレーザーブレードは、それはそれでいいんだけど何か一発、それ無しでマッドギャランに与えられればもっと良かったなーって思う。

あと、せっかく巨大敵が出たのでデカレンジャーロボとドルの共闘みたいなん期待したんだけどデカウイングロボで一発で倒すみたいなあっさり具合。

戦隊はロボ戦まであってって思う所があるのでそこはやって欲しかった所。Vシネだとハブられ気味な気がするのでその傾向なのかもしれないけど。…ここまで書いてロボのスーツが残ってないのではという事に気が付く。オーノーノー。

あと、テツが負傷で最終決戦参加出来なくて、最後6人揃う所じゃねーんか…って思いました。ウメコは負傷を押してだったのでやっぱり6人揃って欲しかった所。

 

とまあそう言う不満な所がありはしたけど、でも凄い面白かったし、デカレン大好きだったので久しぶりのデカレンジャーの大活躍、非常に満腹な作品だった。次にも期待します!

オチを見る感じ、デカレンジャーギャバンのクロスオーバーシリーズという訳ではなく、ギャバン(撃)が他のヒーローと共演してくシリーズっぽいので、次のスペーススクワッドにはデカレンジャー居ないかもしれない。けど、ここの肝はギャバンデカレンジャーだと思うので是非とも次もデカレンジャーは居てください。さいねいさんが広島から来ないといけないみたいなので大変なのかもだけど。

あとシリーズ続いたら次はシャリバンシャイダーも居てほしいですね! ゴーバスターズもお願いします!

以上!

劇場版マジェスティックプリンスを見てきたという話

マジェプリはいいぞ。

 

と言うわけで、TVシリーズから早3年…待ちに待った新作。いやほんともう最高だった。

劇場版だしイズルは目覚めないしシリアスになるかとちょっと思ってたけど、まるでそんなことはなく本当にいつものマジェプリだった。

冒頭TVシリーズ最終決戦からのイズル搬送で少ししんみりかと思ったら、それが続くこともなくいつものノリになった辺りでこっちも肩の力が抜けた。劇場版だからと肩肘はらずにいつも通りやりますよってのをそこで察しました。

つってもやはり3年の時が経っているだけあって戦闘CGはTVシリーズから進歩していました。TVシリーズから凄いと思ってたけど、それ以上にぬるぬる動いてた。

 

そんで内容の話。ネタバレあるかもだから注意ね。

TVシリーズでパトリック先輩なんで男なんだろうなー。って思ったのは僕だけじゃないと思うんだ。女だったらなー絶対可愛いよなー。そんな風に思ったのは僕だけじゃないはず……でもまさかマジで女体化して出てくるとは思わんかったよね。(正確には双子の姉)パトリシアさんに胸揉まれてるタマキちゃんの顔見るに彼女相当ヤリ手だと思います。

 

あとはイズルを治療室に搬送してる時、ラビッツメンバーが追っかけてくところはまあわかると言うか予想の範疇だったんだけど、ピットクルー全員が追っかけてくのは流石に駄目だったw大所帯すぎる。

シモン司令も親ばか全開でかわいい。

 

イズル復活はもうちょい引っ張るのかと思ったら最終決戦の出撃前に目覚めて「え、ここで目覚めちゃうんだ?」ってなった。もう後遺症とかもなしに元気そうで、TVシリーズの意味深な終わり方は何だったんだレベル。(まあそれでも病み上がりなりに不調ではあったけど)でも、マジェプリだもんなと納得できる。

食べてって言われて置いてかれたケイキ(砂糖100%)を食べるイズルはいい子。

 

今回の敵のディオルナ。この人全編通して話す言語がウルガル語。

字幕表示はあったけど追うのが得意じゃないのでちょっと不親切だなー。と思ったけど通訳する最中ディオルナがあまりにも汚い言葉使いまくるもんで恥ずかしくて途中で止めちゃうテオーリアさんみて「こういう事か……!」と納得。

顔赤くするテオーリアさんいいゾ^~。

あとは言葉汚い者同士のブラックアンジュとディオルナの会話(?)は良かった。(お互い罵詈雑言浴びせてただけとも言える。)

 

ディオルナ対ラビッツはラビッツメンバー一人一人に活躍があって実に良かった。スルガはかっこよすぎて「大丈夫?フラグじゃない?」と思ったほど。

新機体のレッドファイブ+とホワイトゼロが掻っ攫って行くかと思えばそんな事はなく、チームラビッツ全員で勝利を収めると言う感じがとてもいい。

TVシリーズのイズルとレッドファイブの一強と言うか、ジアートに対抗できるのもイズルしか居ないし頼るしかなかったみたいな所に切り込んだ感じだった。

病み上がりの不調な状態なのに、単独でディオルナとそこそこ戦えてたイズルはやっぱり他のみんなに比べて頭一つ抜けてる。けどやっぱり不調だから結局追い詰められて本当にヤバイって時に「おにいちゃん…!」ってアサギへ助けを求めたところはすごくグッと来た。

イズルは凄いやつだけどやっぱり一人の男の子なんだよなって。無茶をしても平気なんてことはなく怪我もする。だからイズル一人に抱え込ませるんじゃなくて、イズルが頼りにできる人が必要だったんだなあって。それがおにいちゃんのアサギ。で、リーダー任されて胃が痛いアサギをラビッツのみんなが支える。いいバランスだ。

そのピンチをホワイトゼロで助けてアサギカッコイイ!になった後に出力うまく調整出来なくて転ぶ辺りやはりアサギ。このどっか抜けてる感じがマジェプリだなあとほんのりしました。

ホワイトゼロの操縦アドバイス、みんなが一度に言ってくるとか関係無しに一人一人の聞いててもわからんかったと思うw

 

ケイはヒロインパワーをTVシリーズからかなり高めてきてた。きっとイズルが目覚めたのもケイのヒロイン力(ケイキ)の強い刺激のおかげでしょう。

みんなに教えてもらったお陰でお菓子作り上手くなったとは言うが…ケイさん、砂糖純度を上げたら意味ないです…お姉さん達が風評被害を受けかねないから止めて差し上げろ。

 

戦いの後の会話はザンネンさに溢れていて実にらしくてよかった。

そしてエンディング後にまさかのドラマCD。内容は「ええ、これで終わりなの…(困惑)」となる映画の余韻にあまり浸らせてくれないザンネンさ。だがこれでいい。だってマジェプリだもの。

 

と、ここまで良かったよかったと褒めまくったものの不満な点が一つ。チームフォーンの活躍がイマイチだったこと。

25話まるまる1話使って可愛い奴らだなーと魅力的で愛着持てる描き方をされて、期待もしていただけにいいところがあまりないのは残念だった。(ザンネンではなく)

主役はあくまでチームラビッツだから仕方ないのかなあとは思うものの、雑魚狩りだけじゃなくもう一人くらいボスを出してフォーンというかフォックスで倒してくれても良かったんじゃないかという願望。でもラビッツとのバランスが大変か。うーん…

 

とまあ不満はなかったわけではないけどそれでも『ずっと見たかったマジェプリの続き』を色んな意味でクリアしたものを見せてもらえて満足な作品でした!本当に面白かった!

活躍が今一つだったチームフォーンはアニメ第二期でメイン張る事に備えての可能性がワンチャンある…?これは期待するしかありませんね。東宝さん待ってます。

 

以上!思ったこと適当に書き出してみました!それではノシ

 

 

 

 

 

 

 

ps.アニメ二期があってもやっぱりチームラビッツが主役のままがいいなあと思うのでした。

あとパトリシア×タマキ、クルと思います。

ライダー夏の劇場版について語りたい

どうも僕です。

いやあ最近急に寒くなってきましたね。僕は熱い紅茶を飲みつつ半袖半ズボン姿でぶるぶる震えております。

 

今日はなんとなく平成ライダー夏の劇場版について語りたくなったので語る。雑に。ネタばれは少ないと思う。

 

仮面ライダーアギト PROJECT G4

ライダー夏映画の原点。以降製作された夏映画の雛形を作った作品。

大勢の敵と戦ったりとか普段のアギトで見れないものを見れた。豪華というか、いい意味でお祭り感があったと思う。

落として上げるのがうまかった。集団のアンノウンがものすごく怖い。そして劣勢になるライダー達、特にギルスが腕を切り落とされた時の絶望感がハンパなかった。

そこからのエクシードギルスの覚醒とかアギトシャイニングフォームへの変身はすごい盛り上がる。バックでかかるOPがものすごく良い。

いうまでもないが、G4対G3-Xものすごく好きです。

思えば主人公は完全に氷川さんだったねこの映画。

あと完全に自業自得ではあった深海の死に方も狂ったアントロード達の怖さであまりザマアとは思えなかったな。軽くトラウマ。

平成一期の映画では珍しく本編と繋がりがあるからか最後の最後であまりスッキリと終わらせてくれなかったなあってのはちょっと残念だった気もするが不満はその程度。

結構好きな映画です。

 

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL

平成ライダー映画2作目。かなり意欲的な作品だったんじゃなかろうか。

当時、最終回の先行映画化と聞いて超ワクワクして見に行ったのを覚えている。

リュウガがとにかく強くて怖くてかっこよかった。オーディン以外だったら最強だと思ってた王蛇をあっさり倒したのがすごい印象に残った。

龍騎リュウガはもうライダーベストバトルのひとつ。この映画見た誰もがそうだと思うけど龍騎の最後のドラゴンライダーキックめっちゃ好き。特にキック前のあの溜め。あのキックのぶつかりあいものすごく良い。

そっからの真司と蓮の掛け合いからのハイドラグーンの大群へ向かっていくところがものすごいワクワクした。そしてそこで終わって「え?え?もう終わり?」ってリアルになった。子供のころには訳わからんかった。まあ今となっては2人がどうなったかは察せるけど。

とにかく見ていて時間があっという間に過ぎていくような映画だったと思う。全体的に好き。

シアゴーストがただただトラウマになった。あいつ怖すぎる。

まだ龍騎をみたことないって人は本編見ている途中(ナイトサバイブが登場したあとぐらいかなあ)で見るのがおすすめ。これを途中に挟むことによって本編最終回がより輝くと思う。

 

仮面ライダー555 パラダイス・ロスト

平成ライダー劇場版最高傑作。

とにかくライダー史に残るであろう名シーンの多いこと多いこと。ファイズが出るところはとにかく名シーン。

たっくんファイズ復活・ファイズ対サイガ・ファイズ対オーガもう最高。

あまり多くを語る必要もないほどの傑作映画。(別に疲れたとか、何書こうとしたか忘れたとかではない。断じて。)

この映画に関しては555本編をまったく見たことないって人でも見やすいってのがポイントとしてあるかな。設定がまったく違うというほどでもないが、わかんなくても問題ないと思うんだ。ただ、これから555見ようって思ってる人はこの映画を見るのは後回しにしたほうがいいかな。最低限中盤まで見たあとかな。

 

疲れたから今回はこの程度にする。次あるかはわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りんくすが選ぶライダーヒロインTOP5

ゴーストが始まる前に今までのヒロインを振り返ろうと思った。

異論はあると思うが受け付ける気はないのであしからず。

あと順位の理由かけるほどライダーオタでもないので大体どれだけ可愛いかだけで順位つける。ゴメンネ

 

5位 日下部 ひより(仮面ライダーカブト) 

   理由・ボクっ娘

 

4位 風谷 真魚(仮面ライダーアギト) 

   理由・オシリーナ

 

3位 光 夏海(仮面ライダーディケイド) 

   理由・可愛いし僕がディケイド好きなのが大きい

 

2位 コヨミ(仮面ライダーウィザード)

   理由・可愛いし晴人との関係が好きだったりする

 

1位 詩島 霧子(仮面ライダードライブ)

   理由・霧子ォォォォォォォ! トップクラスに可愛い。涙目で片付けしたりポンコツ料理作る霧子可愛い。笑顔が可愛い。

 

以上